間違ったダイエットをしないために

最近ちょっと太ってきたなと思うときは、必ず自分に必要な摂取カロリーより多くのカロリーを1ヶ月以上にわたり摂り続けているものです。そういうときに今流行りの極端に炭水化物を摂らないダイエット方法を選択しないように気を付けましょう。炭水化物とはお米やパン、麺類、イモ類に多く含まれていて確かに摂りすぎると太ってしまいます。炭水化物はエネルギー源で、取り込みすぎて残った分は中性脂肪に変わって体内に蓄積されてしまうからです。しかしこれを全く摂らないと大変なことになってしまいます。炭水化物は体内で分解されブドウ糖になり、これは脳のエネルギーにもなるので、炭水化物が異常に不足すると集中力が低下し思考力は鈍り、身体は疲れやすくなってしまいます。平均的な女性の場合、1日の3度の食事の中で必ずおにぎり1個分程度の炭水化物を摂るようにしましょう。6つの栄養素の中からバランス良く栄養を摂取し全体のカロリーが自分の必要量を超えないようにするだけで、健康的にスリムな身体を維持し続けることができるはずです。そしてきちんと毎日の自分の食事の内容、栄養バランス、量に気を付けていると、たまにお友達とスイーツを楽しんでも、それがすぐに体重増加にはつながらないように工夫することができます。スイーツのカロリーについてもカロリーハンドブックなどでしっかり学習しておき、そこで摂った凡そのカロリーを覚えておきその分のカロリーを3度の食事のカロリーの中からバランス良く減らすのです。期間を区切って極端なダイエットをすると、続かないので当然のことながら止めるとすぐに元の体重に戻ってしまいます。プロのバレエダンサーは大きな舞台のまえに少し身体を絞るため食事内容を変えたりすることもありますが、基本的に踊りは相当なエネルギーを必要とするためダイエットすることはないようです。いつもベストな体重と体力を適切な食事によって維持しているのです。間違ったダイエットをしないため、自分に必要な摂取カロリーをきちんと知りましょう。必要以上にカロリーを摂らないこと、そして必要なカロリーは6つの基礎食品群からバランス良く摂取できているかをチェックすることが健康で美しい身体を作り、維持するために欠かせないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です